みりあの気になるニュース紹介

気になるニュースを中心に日々の雑感など綴ります。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 成功すれば世界標準、iPS臨床初承認 再生医療の試金石にTOPテクノロジー ≫ 成功すれば世界標準、iPS臨床初承認 再生医療の試金石に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

成功すれば世界標準、iPS臨床初承認 再生医療の試金石に

iPS細胞を患者の治療に役立てる研究がいよいよ動き出します。

成功すれば、治療や安全性の確認方法などが今後の世界標準になる可能性があるそうです。
半面、万一、うまくいかなかった場合は実用化にブレーキがかかる恐れもあるみたいです(-_-;)

iPS細胞を病気の治療に応用する世界初の臨床研究は、どのように進められるのか。

対象となるのは加齢黄斑変性のうち、日本人のほとんどを占める「滲出(しんしゅつ)型」の患者。既存の薬が効かず、矯正視力が0.3未満で視野の中心部が暗いなどの条件を満たす患者が対象で、手術は片方の目だけに行います。

まず患者の上腕から直径4ミリの皮膚を採取し、遺伝子を入れてiPS細胞を作製。これを網膜に栄養を与える働きがある網膜色素上皮細胞に分化させた後、移植に適した薄いシート状に増殖させます。皮膚採取からシート作製まで約10カ月かかります。

シートの品質や機能を検査した後、手術を行う。全身麻酔をした上で、網膜を傷つけている異常な血管を除去し、直径2ミリに切り取ったシートを注射針を使って網膜の下へ移植。手術は約3時間で終了するそうです。


詳しくはこちらです↓
腕から細胞採取しシート作製、注射で網膜下へ移植
2013年7月19日 MSN産経ニュース掲載

iPS臨床初承認 再生医療の試金石、成功すれば世界標準に
2013年7月20日 MSN産経ニュース掲載


ブログランキング・にほんブログ村へ




23.5cmの手の平サイズでソファーの下やベッドの隙間もスイスイ
とってもキュートなキティのお掃除ロボット







幸せの瞬間、一杯のビールとジュワッと美味しい・・・




ランキング参加中!応援よろしくお願いします(^-^)
↓ ↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


体の芯から温まる岩盤浴を自宅で
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re: どうしたのかな?
編集
ぱるっち様

返信遅くなってごめんなさいm(__)m

> 忙しい?暑さで死んでる?
両方です(^^ゞ
暑さにやられてしまいました~
お盆明けくらいからまた更新したいと思っているのでこれに懲りずまた来てくださいね~(^^)
2013年07月30日(Tue) 08:02
どうしたのかな?
編集
おや、更新されないですね。
忙しい?暑さで死んでる?
大丈夫ですか?
2013年07月28日(Sun) 08:45
Re: いつも思うのですが・・・
編集
ばるっち様

> 火傷の跡を治すための、皮膚再生とか?
確かに、言われてみるとその通りですよね~(^^)
火傷の跡なんか困ってる人たくさんいそうなのに。。。
なんでかなぁ。
自分の皮膚を移植する方がリスクが少ないから対象じゃないのかな??
2013年07月21日(Sun) 09:59
いつも思うのですが・・・
編集
これ系のニュース何度か見てますが、確かに臓器を作るよりは
簡単なのかもしれませんが、もっと簡単なところから
始めないのかなーって思います。
火傷の跡を治すための、皮膚再生とか?
これって、IPSの領域じゃないほど簡単なことなのかな?
2013年07月20日(Sat) 16:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。