みりあの気になるニュース紹介

気になるニュースを中心に日々の雑感など綴ります。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 宇宙
CATEGORY ≫ 宇宙
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

宇宙で使うお金を研究、「ペイパル銀河計画」

オンライン決済サービスを手がける米ペイパル(PayPal)は6月27日、宇宙旅行者がどのような通貨を使うのか真剣に考える時が来たとして、宇宙で流通する通貨を研究する「ペイパル銀河計画」を始めると正式に発表しました。

詳しくはこちらです↓
「ペイパル銀河計画」の開始を発表、宇宙で使うお金を研究
2013年07月02日 AFPBB News掲載


宇宙で流通する通貨。
考えたことなかったなぁ・・・。

確かに、米ドルやユーロなどそれらしきものはあるけどそういったものが必要になるのかな。でもそれって、宇宙である程度独立した経済圏が成立するってことですよね。違うかな・・・。経済のことはよくわからないから(^^;)

それにしても、さすがアメリカ、商魂たくましいですね~



ブログランキング・にほんブログ村へ





健康はまず足から!
家に帰って誰かマッサージしてくれないかしら・・・
エアロテラピー




【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com


ランキング参加中!応援よろしくお願いします(^-^)
↓ ↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


杜の都牛たん


スポンサーサイト

宇宙人へのメッセージを募集中!~米ベンチャー企業

皆さん、宇宙人の存在を信じていますか?

すでに地球にやってきているかどうかは別にして(^^;)
広い宇宙どこかに高度な文明をもった生物はいるんじゃないかなぁと私は思っています。というか、いたらいいなぁと・・・。

アメリカのベンチャー企業が一風変わったプロジェクトを始動したそうです。
そのプロジェクトはなんと、17.6光年離れた星に向けてメッセージを送信するんだそうです。
つまり、宇宙人に向けて言葉を送るというのです。
 

概要はこんな感じです(^^)
・誰でも144文字まで投稿できる
・カリフォルニア州の基地からメッセージ送信
・17.6光年先の「グリーゼ526」が送信先
  (地球から比較的近い場所にある恒星とのこと)
・世界中に衛星アンテナを建設
・日本語もオッケー!(投稿する言語は英語以外でも可能)
最終的には、約1億ドル(約94億円)の費用をかけて世界中に衛星アンテナを建設する計画。

詳しくはこちら↓
米ベンチャー企業が宇宙人へのメッセージを募集中! 誰でも144文字まで投稿できるぞ~!
2013年06月19日 ロケットニュース掲載


映画でこういう話が確かありましたよね~
そして映画では送ったメッセージにお返事もらえるんですよね~

そうなればすごいですね。
送っちゃおうかな、メッセージ!
 


首筋や肩の張り、つらいですよね。
マッサージに行ってほぐしてもらいたい、でも時間がないっ!
家でのリラックスタイムで解消したい




未来のオーケストラはこうなる!?
オーケストラもモバイルで演奏する時代。
えっ~~いやだ~~





【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com


ランキング参加中!応援よろしくお願いします(^-^)
↓ ↓




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



イーモバイルとパソコンのセットなら!イーモバイル市場

【火星の片道移住計画】実は詐欺? ~中国メディア

皆さん、以前ご紹介したオランダの企業家が立ち上げたプロジェクト「マーズ・ワン(Mars One=火星移住計画」って覚えていらっしゃいますか?

これです↓
火星移住計画?2012年08月20日記事

リアリティ番組を通して調達すしNASAに先んじて火星への人類到達を目指す、宇宙飛行士たちは片道切符。火星で障害を終えるというものです。

これです↓
その宇宙飛行士の募集が、始まっていると2013年4月に報じられました。
火星への片道旅行、募集開始~オランダ2013年04月24日記事

この時点で過去1年間に100以上の国から参加についての問い合わせが1万件ほどあったと言っていました2013年8月31日の締め切りを目の前にして今現在はどうなっているんでしょう。

これです↓
「火星移住計画」、締切3か月前の中国人応募者は1万人以上に
2013年5月11日 Yahoo! JAPANニュース掲載


発表されてから2週間。この間、世界120か国・地域から7万8000人以上の応募が殺到したが、そのうち中国人の数は1万人を超えたそうです。

まあ、人口の多い中国が上位に挙がっても不思議ではないですが。。。
応募者の数は1万241人で、国別では米国に次いで2位なんだそうです。

中国の人は利に聡いというイメージがあるのでちょっと意外な感じでした。
それとも先行投資の対象として魅力的ってことでしょうか・・・。

でも、大多数の人がこの計画自体を懐疑的に見てるような気がするんですよね~
みりあだって「うまくいったらすごいなぁ」くらいだし(^^;)

で、やっぱりこうなったかって・・・(^^;) 
 ↓↓
【火星の片道移住計画】 中国メディアが「計画は詐欺」と報道! プロジェクトチームがブチギレて反論
2013年05月22日 ロケットニュース掲載


「火星移住計画」、応募の中国人1万人が詐欺被害か?オランダの団体が「やっぱり難しい」と尻込み―中国メディア
2013年05月20日 livedoorNews掲載

まあ、私としては「詐欺」とまでは思いたくないんですけどねぇ。
夢があっていいじゃない。
でも、現実問題として主催者の意図は置いといても被害が出てしまうようならいけませんよね~

計画を進める団体の責任者が先週、「プロジェクトの難度は我々の想像を超えていた。2023年の実施は無理だろう」と語ったそうです。

そりゃそうですよ、「キュリオシティ」が火星に着陸したばっかりですよ~
そんなんは最初っからわかってたでしょうにね・・・。

まあ、今後どうなるんんでしょ。
みりあとしては「壮大な夢」をぶち上げた「男のロマン」(笑)が詐欺まがいの評価で終わってほしくないってところでしょうか・・・。

それにしても、約8万人が参加希望!?
世界にはロマンチストがたくさんいますね~





仕事してると忙しくてお掃除する暇もないっ!
がんばってる姿がなんともキュートに見えるのはわたしだけ?
















【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com


ランキング参加中!応援よろしくお願いします(^-^)
↓ ↓



人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村






焼肉 バーベキュー

火星への移住希望者募集、問い合わせ1万件

昨日ご紹介した記事『火星への片道旅行、募集開始~オランダ』の続報です。
非営利企業マーズ・ワンによれば、すでに100カ国以上から約1万件の問い合わせがあったそうです。

私的にはびっくりなんですけど・・・。
片道切符でしょ?
まあ、申込みではなく「問い合わせ」みたいですけど。

計画では2023年(あと10年!)に4人1組の宇宙飛行士のグループを火星へと送り、その後2年置きに追加要員を送るとのこと。住居部分はロボットによって事前に建設しておく予定だとか。

これって大変なことですよね。
こうやって記事観てると普通の旅行のように思えてきちゃいますけど・・・

詳しくはこちら↓
火星への移住希望者募集、「片道切符」に問い合わせ1万件
2013年 04月 24日 ロイター掲載










宇宙空間でぞうきんを絞ったら?

「無重力空間で濡れたぞうきんを絞ったらどうなるの?」
子供たちのこんな疑問に答えて宇宙飛行士は頑張ります(^^)v

実験に挑んだのは国際宇宙ステーションに滞在中のカナダの宇宙飛行士クリス・ハドフィールドさん。国際宇宙ステーションの中で行う科学実験についてアイデアを募り、寄せられた約100件の中から、同国ノバスコシア州のハイスクール生徒2人のアイデアが採用されたのだそうです。

さあて、どうなったのかな?
続きはこちらで↓
宇宙空間でぞうきんを絞ったら? ISSで科学実験
2013月04月23日 CNN.co.jp掲載
動画はこちら






火星への片道旅行、募集開始~オランダ

以前ご紹介したことのある記事(火星移住計画!?)の続報です。

今後10年以内に人類初となる火星への有人飛行実現を目指すオランダのリアリティー番組制作チームが、参加希望者の募集を始めたました。

本気だったんですね~
まだ月にも誰も住んでないんだけど(^^;)

主な応募要件は、健康で18歳以上、優れた社交・サバイバルスキルと最低限の英語能力を持っていること。

オンラインでの一次募集の締め切りは8月31日
出願料は国によって違うが、米国では38ドル(約3800円)
(出願料、意外に安くない?)

    ~一部、以下引用~

火星への片道旅行に名乗り出る「勇敢な人」はいませんか──今後10年以内に人類初となる火星への有人飛行実現を目指すオランダのリアリティー番組制作チームが、参加希望者の募集を始めた。

 主な応募要件は、健康で18歳以上、優れた社交・サバイバルスキルと最低限の英語能力を持っていること。非営利企業「マーズ・ワン(Mars One)」は2023年に最初の宇宙飛行士4人を火星へと送り届け、人類初となる火星コロニー建設の試みをリアリティー番組としてテレビで放映する計画だ。

 同社の創設者バス・ランスドルプ(Bas Lansdorp)氏は米ニューヨーク(New York)市内で開いた記者会見で、過去1年間に100以上の国から参加についての問い合わせが1万件ほどあったと述べた。

 同社は6グループの参加者(各グループ4人)を募っており、2022年に最初のグループが出発した後、2年おきにそれぞれ7か月の旅に出発するという。

 懐疑的な声が多く寄せられるこのプロジェクトだが、一方では1999年にノーベル物理学賞を受賞したオランダのヘーラルト・トホーフト(Gerard 't Hooft)氏の後ろ盾を得ている。トホーフト氏は、「長期目標は持続するコロニーの建設。この拡張(計画)は簡単ではない。いつ達成できるかは誰にも分からない」と述べる。



    ~引用終了~

詳しくはこちら↓
火星への片道旅行を追うテレビ番組、参加者の募集開始 オランダ
2013年04月23日 AFPBB News掲載


新型ロケット、国際宇宙ステーションに物資輸送試験飛行に成功

国際宇宙ステーションへの物資輸送用の新型ロケット「アンタレス」の試験飛行に米オービタル・サイエンシズ社(バージニア州)は21日成功しました。
この米オービタル・サイエンシズ社(バージニア州)というのは米航空宇宙局(NASA)と物資輸送契約を結んでいます。


アンタレスはNASAが進める商業軌道輸送サービス(COTS)計画の下で開発され、国際宇宙ステーション(ISS)へ向けて無人補給機シグナスを送り届けることを目的としているそうです。
国際宇宙ステーションへ向けた飛行は6月頃に予定されています。

詳しくはこちら↓
宇宙基地に物資輸送、新型ロケットの試験成功
2013年4月22日  産経ニュース掲載

アンタレスロケットの打ち上げ試験、完璧に成功
2013年4月22日 sorae.jp掲載

いよいよ宇宙が身近になった感じです。
ちなみにこのロケットには超小型衛星が4機同乗し切り離しにも成功しています。





費用総額2万円?美しい宇宙写真! 

これ見てくださいっ!
19歳の大学生が中古のデジカメで撮ったって信じられます?
費用たったの2万円、使用デジカメは約3700円(30ポンド)。
この学生さんはNASAでもなく研究者でもなく経済学を学ぶ普通の学生さんだそうです。

彼はネットオークションで中古デジカメを落札。温度センサー、太陽光パネル、無線機、GPS、マイクロプロセッサを40時間かけて組み立て、発砲スチロールにつめこみ大型の風船をつけて空に向かって飛ばしたのだそうです。

それにしてもアイデアとチャレンジ精神ですね(^-^)
私は詳しくないのでわからないですが、ひょっとしたら誰でも出来て思いつくことかもしれません。
でも、ただ考えているだけと実行に移すことはまた違います。

とにかく見てみてください、きれいですよ!

【動画あり】NASAもビックリ! 文系学生が3700円の中古デジカメで撮影した宇宙写真が超本格的 / 機材は日本でもそろうレベル
2012年9月14日 ロケットニュース24掲載記事

http://rocketnews24.com/2012/09/14/248425/>{0921img.JPG}MDkyMWltZwvm.jpg







ecоな時代は買わずにレンタル!

天の川の正体

昨日に引き続き宇宙関係の話題です(^-^)
やっぱり夏は宇宙ですよね。
天に広がる満天の星。
夏の夜空はロマンがいっぱいです。

天の川。

田舎に住んでいる私もこの頃は見ていませんでした。
でも、夜空を見渡すと綺麗に帯になっています。
これって星の集まり銀河系そのものなんです。
「そんなこと学校で習ったよ」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。
でも、そう思いながら大人になった今見上げてみると、また違った感慨が味わえるかも・・・。

リンク: 天の川の正体を探る - 速報:@niftyニュース.

~以下引用~

夜空を美しく彩る「天の川」。皆さんは実際に見たことがありますか?

都会のような明るい場所では、なかなかその美しい姿を見ることができませんが、山間部のような暗い場所に行くと、肉眼でも夜空を流れる天の川を見ることができます。

今回は、そんな天の川の正体に迫ってみたいと思います。



■天の川とは…


天の川のことを英語では「Milky Way (ミルキーウェイ)」と言います。

「Milky Way」は直訳すると「ミルクの道」。

ヨーロッパでは、天の川のことをギリシア神話の女神ヘラの母乳が流れ出たものに見立てているため、このように名付けられました。

一方、中国では天の川のことを銀色の河になぞらえて「銀河」と呼んだほか、古代エジプトでは「天のナイル川」、インドでは「天のガンジス川」など、天上を流れる大きな川に見立てた呼び方も多いようです。

ところで、天の川が光り輝く星たちの集まりからできていることをご存じの方は多いと思います。

天の川がそのような無数の星の集合体だということは、古代ギリシアの数学者ピタゴラスなども考えていましたが、それを最初に確認したのは、あの「ガリレオ・ガリレイ」です。

望遠鏡を使った天体観測を行い、「天文学の父」とも呼ばれたガリレオは、その観測の中で、天の川が無数の星の集まりだということを発見したのでした。

■天の川=銀河系?


銀河系のことを英語では、「the Galaxy」または「Milky Way」と言います。

「Milky Way」と言えば、先ほども紹介した通り、「天の川」のことを意味しています。

そのため、日本語でも銀河系のことを「天の川銀河」と呼ぶことがあります。

でも、一体なぜ銀河系と天の川が同じ単語(=Milky Way)で表されるのでしょう。

そして、なぜ天の川の部分には星が密集しているのでしょう。

それは、天の川の正体が銀河系そのものだからです。

地球から天の川を見ると、雲状の光の帯のように見えますが、それは私たちがいる銀河系を内側から眺めた姿なのです。

銀河系には、太陽と同じような恒星がなんと2,000億個ほども集まっており、その直径はおよそ10万光年、中心部分の厚さはおよそ1.5万光年という、とてつもない大きさをしています。

また、その形状は薄い円盤状をしているため、その内側に存在する地球からはその部分が光の帯のように見えるというわけです。(つまり、天の川の川幅は一番太いところで1.5万光年となりますね。)

■天の川を見るには


天の川は1年中見ることができますが、特にどの季節が一番きれいに見えるのでしょう。

地球や太陽系は銀河系の中心からおよそ3万光年離れたところに位置しており、その場所は地球から見ると、いて座の方向にあたります。

銀河系は中心部にもっとも星が集まっているため、天の川はいて座やその隣のさそり座の付近が最も明るく見え、中心方向とは反対側にあたるオリオン座の付近が最も暗く見えます。

いて座やさそり座は夏の夜空に見られる星座であるため、冬よりも夏の方が天の川の姿をハッキリと見ることができるというわけですね。

月明かり程度でも、天の川は見えにくくなってしまいますので、月が暗い夏の新月の日に、山などで観測すると、きれいな天の川を見られると思います。

■まとめ


今回は天の川の正体に迫ってみました。

天の川が、実は銀河系を内側から見た姿だったということをお分かりいただけたでしょうか。

地球からはぼんやりした光の帯のように見えるものが、実はその1つ1つが太陽と同じような無数の恒星の集まりだと考えると、あらためてその壮大な数と規模に驚かされますね。

(文/寺澤光芳)

~引用終了~

明るい夜

一月ほど前の"ロケットニュース24"掲載記事に国際宇宙ステーションから撮影された写真を使って作られた動画が紹介されました。
とても美しいですよ(^-^)
よかったら観てみてください。
宇宙ってこんなに美しいんですね。
「一度でいいから行ってこの目でみたいなぁ。」と思わせてくれます(*^^*)

c3BhY2UOUw.jpg

と、思いながらも気になったことが・・・。

この映像は宇宙ステーションから撮影されているので宇宙空間に散らばる星々の流れや
地球の表面の様子を映し出しています。
地球は昼もあれば夜もあります。

そして、夜。

地球の夜はなんて明るいんでしょう。
ちょっとびっくりするくらい都市の明かりが明るいです( ̄。 ̄)ホーーォ。
過去にもそんな映像をTVなどで見たことがありますが、改めてゆっくりと見てみると実に明るい。
電気ってこんなに消費されているんですね( ̄へ ̄|||)

中には無駄なものもあるでしょう。
もちろん必要なものもあります。
その明るさに守られているということも大いにありますよね(^-^)

つくづくエネルギーについて考えさせられる映像でした(私にとってはですが・・・(^^;))
みなさんは美しい映像をどうかお楽しみください(*^o^*)
そして、少しだけエネルギーについても思いをはせていただければうれしいです。

映像を観る際は部屋の照明は落としたほうがお勧めですよ(*^.^*)


参考記事
人生で一度でいいから見てみたい! 圧倒されるほど壮絶に美しい宇宙動画が世界で話題に
2012年7月27日ロケットニュース24掲載
ビデオサイト
View from the ISS at Night

~以下引用~
多くの謎が眠る空間 “宇宙” 。その大きさ、形成過程など宇宙に関する多くのことが未だ謎であり、科学者たちがその真相究明に日々尽力している。だが、宇宙について我々が知らなかったのは、それだけではなかった。その想像絶する美しさについても、我々は何も分かっていなかったのである。

動画「View from the ISS at Night」には、広大な宇宙が持つ幻想的な美しさが映し出されており、見ていると画面の中に吸い込まれそうになるくらい、その映像には人を魅了する力がある。

これは国際宇宙ステーションから撮影された写真を使って作られた動画であり、そのあまりの美しさから、現在世界中にこの動画は拡散されていっている。動画には、どこまでも広がる漆黒の闇、その中で力強くきらめく無数の星々、そして今まで見たこともないような様々な色を放つ地球が映っており、その神秘的かつ壮大な映像にはただただ圧倒される。

人生で一度でいいから、自分のこの目で見てみたい。そんな望みを抱いてしまうほど、壮絶に美しい今回の宇宙動画。ぜひみなさんにもご覧になって頂き、未だ見ぬ空間・宇宙に様々な思いを馳せてもらいたい。

(文=田代大一朗)

~引用終了~


宇宙から見た地球~Mother Earth~ [DVD]



夜の地球ポスター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。