みりあの気になるニュース紹介

気になるニュースを中心に日々の雑感など綴ります。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ロシアの少年"マンモス"発見!TOP環境問題 ≫ ロシアの少年"マンモス"発見!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ロシアの少年"マンモス"発見!

マンモスは約500万~数千年前にアフリカ大陸からユーラシア大陸、北米大陸まで生息した大型の哺乳類です。絶滅は約4万~数千年前(諸説あるようです)頃、多くの大型哺乳類と共に絶命したようです。
最後の生息地として紀元前1700年頃東シベリアという説があるようです。

そのシベリア(場所は東シベリアではないでが)のタイミル半島のに住む11歳の少年が散歩中に偶然、非常に保存状態の良い巨大なマンモスの死骸を発見したという話題です。

発見されたマンモスは約3万年前に15~16歳で死んだとみられており、そのまま永久凍土で保存されていて非常に保存状態がよいとのこと。眼球、耳がはっきりと分かる形で残っていて、ひ骨格はほぼ無傷で保存されており、心臓も保存されている可能性があるそうです。

3万年前の生物がほぼそのままの形で現代に姿を見せるってすごいですよね。
この男の子はたまたま散歩の途中だったようですが大手柄ですね(^-^)

しかし、なぜ今発見されたのか・・・
どうも、シベリアの永久凍土が溶け始めているおかげ?のようです。
そうですよね。
凍ったままなら散歩してて見つかるわけありません(^^;;
大発見の裏にはそんな事情があるわけです。
喜んでいいのかどうか・・・・(^^;;


詳しくはこちらです↓
ロシア北部の11歳少年、「世紀のマンモス」を発見
2012年10月06日 AFPBB News掲載記事

参考サイト マンモス ウィキぺディア




関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。