みりあの気になるニュース紹介

気になるニュースを中心に日々の雑感など綴ります。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ チベットの彫像、実はチンガー隕石の破片TOPその他 ≫ チベットの彫像、実はチンガー隕石の破片

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

チベットの彫像、実はチンガー隕石の破片

1930年代末にナチス・ドイツがチベットから持ち帰った彫像が、実は1913年に、トゥーバ共和国を流れるチンガー川の流域で、発見された「チンガー隕石」を削りだしてつくったものだということがわかったとドイツやオーストリアの研究チームが米学術誌に26日発表したそうです。

トゥーバ共和国はロシア連邦に属する共和国で、モンゴルと国境を接しています。

この彫像が作られたのは少なくとも千年以上前。
隕石が地球に落下したのは約1万5千年前。
気の遠くなります・・・

ナチスは何のためにこの彫像を持って帰ったんでしょう。
この像は仏教やヒンズーゆかりの神様の像のようですが・・・・。

興味ある方はこちらです↓
ナチスの彫像「鉄の男」、実は隕石 70年後に成分調べ判明
2012年9月27日 MSN産経ニュース掲載記事

チンガー隕石参考サイト
チンガー隕石

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。