みりあの気になるニュース紹介

気になるニュースを中心に日々の雑感など綴ります。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 再生可能エネルギー ドイツの場合 その2TOP再生可能エネルギー ≫ 再生可能エネルギー ドイツの場合 その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

再生可能エネルギー ドイツの場合 その2

ドイツの再生可能エネルギーの現状について、またおもしろい記事を見つけましたのでご紹介します。

もうこれ以上、巨大企業による電力支配を許すな!
~以下引用~

原子力発電・石油エネルギー陣営と、再生可能エネルギーとの戦い
必要な全電力を再生可能エネルギーによって賄い、大企業支配に立ち向かったドイツの小さな村

ダミアン・キャリントン(ドイツ・フェルドハイム)
ザ・ガーディアン(英国) 5月30日

この国は2020年までに全発電量に占める再生可能エネルギーの割合を35%にするつもりです、たとえどれだけコストがかかっても。
ドイツベルリン近郊の村、フェルドハイムには43基の風力タービンが点々と存在し、農家の庭先にある動物たちの排せつ物や堆肥などを天然ガスに変換・発電を行う施設もあります。

澄み渡った青空の下、ドイツは先週末再生可能エネルギーの歴史に、また新たな輝ける実績を書き加えました。20基の原子力発電所に等しい量の発電を、太陽光発電によって成し遂げたのです。
それは原子力発電・石油エネルギー陣営と再生可能エネルギーとの戦いでした。
そして大企業が所有する巨大発電所と、地域のコミュニティが共同で運営する小規模な発電施設との戦いでもあったのです。
再生可能エネルギーの目覚ましい成功により大企業の利益は脅かされ、2013年の選挙で再選を目指すアンゲラ・メルケル首相にとって、エネルギー問題は争点のトップとして避けて通れないものになりました。

「私たちは尚、大企業4社によって支配されています。」
旧東ドイツ地区にある田園地帯の平原に立つ高さ85メートルの風力タービンの下に立ち、ヴェルナー・フローライター氏がこう話しました。
その4社はドイツを4分し、それぞれの場所で独占的に電力供給を行っている、RWE、E.ON、ヴァッテンファル、そしてEnBWです。

ライ麦畑の穂がさざ波を立て、狐の鳴き声が時折聞こえる森の近くにたたずむ小さな村、フェルトハイムはこの大企業支配に立ち向かっていきました。
この村の128世帯の住民たちは43台の風力タービン、ソーラーパネル、そして堆肥や下肥の類をガス化して発電を行う設備を配置し、村の全電力を賄うようにしてしまったのです。



フェルトハイムの村に点在する急勾配の屋根を持った、ずんぐりした格好の家々をつなぐ送電網の使用料金について、この大企業は法外に高額な使用料を請求しました。そのためフローライター氏自らが経営する会社、エネルジーケレは自前の送電網を建設しました。
フェルトハイムの『独立のための戦い』はついに全面戦争の様相を帯びましたが、フェルトハイムを支持する動きはドイツ全土に広まりました。
2011年、再生可能エネルギーはドイツの電力の20%を供給しましたが、その発電手段の主なものは家庭用の太陽光発電装置、農家の風力発電装置、そして地方の農家の庭先の植物を原料とするバイオマス発電装置だったのです。
そして原子力に対する国民の嫌悪感情が福島第一原発の事故により最高潮に達した時、西再生可能エネルギーへの転換はまさに雪崩を打つように早まったのです。

・・・以下略

~引用終了~

長いので省略します、続きはこちらでどうぞ→ <リンク:http://kobajun.chips.jp/?p=3084>もうこれ以上、巨大企業による電力支配を許すな!

電気は自分たちで生み出すもの・・・。
という発想は私たちにはないものですね。
いえ、太陽光発電はありますが全てまかなえるわけではありません。
私自身はちょっと驚きでした。

そういう中、このような記事も目にしました。
何かをやろうとすれば別の問題が持ち上がる・・・。
これは世の中の常なのですね。
いずれにせよ一つ一つ解決するしかありませんね(^-^)


2012年8月7日 18:00
省エネ!最新ニュース

再生可能エネルギーか生物種保護か ドイツ

~以下引用~

再生可能エネルギー供給量の中で最も多く、州の電力需要の8%を賄う水力発電施設
ドイツWelt誌が、ドイツ各地で精力的に進められているエネルギー革命への動きが、生物種保護プログラムを脅かす可能性があるという専門家の警告をリポートしている。

スイスのバーゼル近郊に位置するドイツのラインフェルデンでは、この春先に2匹のサケの遡上が確認され、大きな話題になった。ライン川の水質が改善された証拠だからではない。この2匹が傷つきながらも、数多くの生態回路の設けられていない堰やタービン、水門などを乗り越えて来たからだ。



流れに対して直角につくられる構造物は、回遊魚にとっては大きな障害であり、死因ともなる。またこれらの施設は、ヤツメウナギやボラなどが生き残るために必要とする水の流れを奪ってしまうのだ。

どれだけ多くの魚がタービンで切り刻まれているかは知られていない
回遊魚の遡上を補助する措置を行なっている水力発電施設は多くて10%、しかも多くの設備が機能していないと、バーデン・ヴュルッテンベルグ州の漁業協会ラインハート・ゾザート氏は語る。

ヨーロッパ中で絶滅の危機に瀕しているヤツメウナギは、しばしばタービンの犠牲になるとのこと。夜間だけでも、回遊魚が移動できるようにタービンを少し高くすれば良いのだが、そこには発電量をめぐっての熾烈な争いがあるのだとゾザート氏。

ラインフェルデンに新たに建設された水力発電所は、従来型の4倍の発電量を誇るばかりではなく、4万ユーロの費用をかけて、生態回路を建設した。春先に2匹のサケが確認された場所である。その成果は上々で、6月には1日平均60匹の魚の通過が確認されている。

しかし、小規模の発電所は、発電量が小さいにも関わらず、環境への負荷が大きすぎるとゾザート氏。彼は1mでも多くの川を残すために戦っていくつもりだ。

~引用終了~

飛躍するドイツの再生可能エネルギー―地球温暖化防止と持続可能社会構築をめざして




関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。