みりあの気になるニュース紹介

気になるニュースを中心に日々の雑感など綴ります。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 動植物の生息域が激減の可能性、温室効果ガス排出TOP環境問題 ≫ 動植物の生息域が激減の可能性、温室効果ガス排出

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

動植物の生息域が激減の可能性、温室効果ガス排出

現在のペースで温室効果ガスの排出が継続すると、2080年までに一般的にみられる植物種半分以上と動物種3分の1の生息域が半減する可能性がある──このような研究結果が、12日の英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジで発表されました。

詳しくはこちらです↓
動植物の生息域が激減の可能性、温室効果ガス排出継続で
2013年05月13日 AFPBB News掲載

特にリスクにさらされるのは両生類、爬虫類、植物なのだそうです。
影響を最も受ける地域はサハラ以南アフリカ、中米、アマゾン一帯、オーストラリア。これに加えて気候変動によって起こる嵐や干ばつ、洪水、疫病などによって問題は増幅されます。

この事態を招いている人間ももちろん影響をうけますけどね~
直接責任のないこれらの動植物たちにしてみれば迷惑この上ないですよね・・・。

ただし、温室効果ガス排出量のピークを2016年に迎え、その後毎年2~3%のペースで減り続ければ、2100年時点での温度上昇は2度に抑えられ、現在の傾向が続いた場合に予測される影響の約60%は回避できるといいます。

これからの私たち次第、ということです。


こんな記事もありました。
大気中のCO2量が歴史的水準を突破、専門家らが行動を呼びかけ
2013年05月11日 AFPBB News掲載






自分へのご褒美"に"大切なあの人へ"1万円で買えるジュエリー"





ランキング参加中!応援よろしくお願いします(^-^)
↓ ↓



人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村




イーモバイルとパソコンのセットなら!イーモバイル市場






関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re: 害虫
編集
ぱるっち様

怖い予言ですね~

でも、私も種の意思というか生命力というかそういうのってあると思うんです。
人間一人一人が意識していなくてもちゃんと機能してるというか・・・。
怖いなぁ・・・。
2013年05月14日(Tue) 20:21
害虫
編集
地球にとっての害虫が増えすぎなんですよね。
もち、その害虫とは人間です。
ネズミが増えすぎると集団自殺します。
これと同じ事起きるかもしれませんよ。
誰かが、核ミサイル発射ボタンを押して!
2013年05月14日(Tue) 16:01












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。