みりあの気になるニュース紹介

気になるニュースを中心に日々の雑感など綴ります。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ Facebookユーザーを狙ったウイルスに用心TOPテクノロジー ≫ Facebookユーザーを狙ったウイルスに用心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Facebookユーザーを狙ったウイルスに用心

先日もソーシャルワークがハッカーの標的になっているという記事を紹介しましたが、Facebookユーザーの個人情報を狙ったウイルスの脅威についての記事を見つけましたのでご紹介します。

これです↓
【注意喚起】Facebookユーザーを狙ったウイルスに用心 / 専門家「バカみたいにみんな騙される」
2013年06月06日 ロケットニュース掲載


   ~以下、一部引用~

世界的に利用されているソーシャルネットワーキングサービスの『Facebook』に、新たな脅威が潜んでいることが判明しました。
 
・バカみたいにみんな騙される
その脅威とは、『ゼウス』と呼ばれるウイルスによる個人情報の抜き取りです。Facebookのファンページを利用して、多くのユーザーを取り込み、クレジットカードやネットバンキングの情報を収集しているのです。専門家は「バカみたいにみんな騙されている」と警告を発しています。
 
・日本の銀行だけを標的にした亜種も存在
『ゼウス』とは、機密情報の搾取に特化したウイルスです。実は日本の大手銀行だけをターゲットにした亜種も存在し、銀行やセキュリティソフト関連会社が利用者に注意を促しています。

・Facebookでユーザーを誘い込む
ウイルス自体はそれほど新しいものではありません。しかし最近になって、アメリカでは情報を抜き取られる被害が続出しています。一体なぜなのでしょうか? その背景には、Facebookを利用してユーザーを誘い込む手口が流行り始めているからです。

・ユーザーの心を逆手にとる
詐欺に対する抗議活動を行っている、エリック ・ファインバーク氏はFacebookのファンページに悪意のあるリンクがあることを見つけました。そのファンページとは、「ロサンゼルスにN.F.Lチームを」というもの。ロサンゼルスにはアメリカンフットボールのチームがありません。それを逆手にとって、スポーツファンの興味を引き、ページに誘い込んでいるのです。
  
    ~引用終了~



怖いですけど、自営しかないですね・・・。
皆さん、気を付けましょう。



首筋や肩の張り、つらいですよね。
マッサージに行ってほぐしてもらいたい、でも時間がないっ!
家でのリラックスタイムで解消したい



レ・ミゼラブル、フラッシュモブ



【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com


ランキング参加中!応援よろしくお願いします(^-^)
↓ ↓



人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村




イーモバイルとパソコンのセットなら!イーモバイル市場

無添加のお酢などの自然食品、健康食品専門店 彩食健美 生しぼり橙ぽん酢(300ml)の商品詳細


焼肉 バーベキュー

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re: facebook
編集
ぱるっち様

私はFacebookはやってません。
最近ちょっと興味が出てきたんですが、どーしようかなー・・ってところです(^^;)
おそらく、Facebookはこの種のウイルスなどを配布するツールとして便利に使われているんだと思います。
Facebook自体に個人情報はなくともそこで出会ったリンクなどをクリックすることでウイルスに感染し個人情報をもっていかれるとかということではないでしょうか。
結局は自衛するしかないですね。
2013年06月09日(Sun) 10:16
facebook
編集
みりあさんはfacebookやってますか?
ツィッターはやってませんが、facebookはやってます。
でも、私って、そんな大事な情報抜き取られる可能性ないような?
ネットバンキングとかもしないので、抜き取られて困る情報を持ち合わせてません。
メルアドも他人のは、ほとんど入ってません、パソコンは。
2013年06月08日(Sat) 14:29












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。