みりあの気になるニュース紹介

気になるニュースを中心に日々の雑感など綴ります。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 健康関連のネット検索、外部に漏れる危険性TOPテクノロジー ≫ 健康関連のネット検索、外部に漏れる危険性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

健康関連のネット検索、外部に漏れる危険性

インターネットで健康関連の情報を検索する患者のプライバシーが危険にさらされている可能性があるとの研究が、8日の米医学誌「米国医師会雑誌に掲載されました。

発表したのは米ロサンゼルスにある南カリフォルニア大学の研究者、マルコ・ヒューシュ氏。ヒューシュ氏は、健康に関連したさまざまなウェブサイトで「うつ病」「ヘルペス」「がん」などの検索を行ったところ、そのデータが収集・追跡されていることを確認したということです。

ネットでの検索で「健康」に関係する検索はほとんどの人がやっているんではないでしょうか。

熱が出てもお腹を壊しても便利なのでついつい検索します。
それが気になる症状だったり、深刻な病気なら尚更でしょう・・・。

しかし、それをすることによってその情報が第三者にわかってしまうというのはやっぱり怖いですね。

何となくそうではないかなぁ、という気はしてたんですよねぇ~

これもビッグデータってやつなんでしょうね・・・。

ネット検索って自分の興味や関心、現在の状況などを色濃く反映していると思います。
例えば病気になった時はその方面の情報を得ようとするし、失業していれば就職活動もネット上でしたりもします。これをすべて第三者が知っているというのはちょっと気持ち悪いし怖いですね。


詳しくはこちらです↓
健康関連のネット検索、外部に漏れる危険性
2013年07月09日 AFPBB News掲載


23.5cmの手の平サイズでソファーの下やベッドの隙間もスイスイ
とってもキュートなキティのお掃除ロボット


ブログランキング・にほんブログ村へ


幸せの瞬間、一杯のビールとジュワッと美味しい・・・




ランキング参加中!応援よろしくお願いします(^-^)
↓ ↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


梅雨時期から夏、冷房を使うこの季節は結構つらいんですよね(>_<)

体の芯から温まる岩盤浴を自宅で

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re: わからん?
編集
ぱるっち様

実は私も初めは???でした(^^;)
何のことかなぁと。
そしてふと今話題になっている米国CIA元職員の告発について思い出しました。
これと似たようなことが出来てしまっているんではないかと。(あくまで「似たようなこと」ですけど)

例えばある「健康に関するサイト」に登録して病名や症状などを検索したとします。そうするとその登録IDを持った人は調べた病名や症状をもっているかもしくは身近な人にそういう人がいるという可能性があります。
1件や2件などでは情報になりませんが登録したそのサイトでそれをずっと続けていると蓄積されたデータそれは個人の詳細な情報に化けていくのではないかと・・・。
無料登録というのは今では一般的で皆抵抗なく登録しているんではないでしょうか。私もそうです。またどこにも登録していなくともIPアドレスからある程度は割り出せるんではないでしょうか。
商用サイトなどではこのデータを実際マーケティングに利用しているはずです。
これって立派な個人情報ですよね。
それが健康状態や家族構成・嗜好などならちょっと怖い気がするなと思ったので記事を紹介させていただきました。


2013年07月12日(Fri) 11:35
わからん?
編集
すいません、この記事よくわかりません。
病気について検索かけて、病気のことを調べる!・・・まではわかります。
そこから、何が漏れるの?
タイトルからは、個人情報化と思ったのですが、
そうだとも書いてないような???
調べられる内容を調べて蓄積しても、賢くなるだけで
何がヤバイ、何がいけない事なのか、わかりませんでした。
すいませんm(__)m
2013年07月12日(Fri) 04:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。